海釣りデビューはちょい投げ釣りがおすすめ!初心者でも釣れるのはナゼ?

みなさんこんにちは
コロナの影響で、釣りの人気が高まっていることをご存知でしょうか?
実は自然の中で3密を気にせず楽しむことができる釣りは最近注目を浴びているのです。

さて、今回は「釣り初心者におすすめの場所と釣り方」を解説していきたいと思います。

バス釣りを低予算で始めたいという方はこちらが参考になります。

はじめては餌釣りがおすすめ

一般的な釣りの方法で「ルアー釣り」と「餌釣り」があります。

疑似餌とも呼ばれるルアーは、魚や虫などに似せたもので、ルアー釣りは魚を騙して釣る方法です。

一方で、餌釣りは普段から魚が食している天然の餌を用います。

ではどうして、釣り初心者には「餌釣り」がおすすめなのでしょうか。

初心者でも簡単に釣れる

餌釣りは、初心者でも簡単に釣りを楽しむことができます。

ターゲットとなる魚が普段から食している餌を使うので、魚種や釣り方を選ばなければ、誰でも簡単に魚の引きを味わうことができるでしょう。

ルアー釣りになると、ターゲットとなる魚の食性や習性を考え、いかに食いつかせるかという事を考えなければならずハードルが高くなります。

道具を安く揃えることができる

入門用の釣りセットは安価で手に入れることができます。餌も安く購入することができます。

ルアー釣りだと、ルアー1つ当たりの単価が高いため、始めるための初期投資が餌釣りに比べ高くなってしまいます。

また釣りの経験が浅いと、海の中にある海藻や石にルアーが引っかかって紛失してしまうこともあります。

最初は、入門用の釣具セットで十分です。釣りの楽しさを味わいより良い道具が欲しくなった時に、順次道具をレベルアップしていくことをおすすめします。

海岸や堤防で「ちょい投げ釣り」を体験しよう

初心者は「海岸」や「堤防」での釣りをおすすめします。

なぜなら、船酔いの危険性もなく、海岸や堤防はお金がかからないからです。
さらに、海上と比べて安全なのも理由の1つです。

「海岸や堤防で釣りをしてもあまり釣れないんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、私は堤防でイカや大きなアジを釣ったことがあります。

海岸や堤防では、おもりと餌、針を使ってちょこっと投げて足場近くの魚を狙う「ちょい投げ釣り」を初心者の方におすすめしたいです。

なぜなら、初心者の方やお子様でも気軽に楽しめる釣り方だからです。ちょっと投げるだけなので、腕の力もコツも必要ないんですよね。さらに比較的どんな季節でも楽しく釣りを始めることができ、いろいろな種類の魚が釣れるのも「ちょい投げ釣り」の魅力的なところです。

【まとめ】初心者は海岸や堤防で餌釣りから始めよう

釣り初心者は、海岸や堤防で、おもりと餌・針を使ってちょこっと投げて足場近くの魚を狙う「ちょい投げ釣り」から始めてみましょう。

簡単に魚を釣ることができ、道具を安く抑えることができる「餌釣り」をおすすめしたいです。

少しでも釣りに興味がある方はぜひ始めてみてくださいね!

最後までありがとうございました。

バス釣りをはじめてみたいという方はこちらをどうぞ
【初心者向け】低予算でバス釣りを始めるためのおすすめアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です