万能ベイトリール【20タトゥーラSVTW】のインプレ

みなさん、こんにちは。
今回は、ベイトリールの中でも比較的使いやすいと好評のダイワ(DAIWA)製タトゥーラ SV TW 2020年モデルをご紹介します。

シリーズ最軽量の190g。小型で持ちやすいことに加え、マグダイヤルの調整で軽めのルアーから重めに細工したワームまで幅広く扱えます。

そして注目は、バックラッシュを抑える内部機構。
力まなくてもよく飛ばせ、逆に力んでしまうシーンではきっちりブレーキを掛けてくれます。
ベイトリール初心者でも手軽に扱える、おすすめのリールです。

道具がそろったら釣りに出かけよう!スモールマウスバスの狙い方はこちらから

タトゥーラ SV TWとは

タトゥーラSVTW103H


タトゥーラ SV TWとは釣り用具の大手メーカー、ダイワ(Daiwa)が販売するベイトリールのことです。小型で扱いやすいモデルであることから、ファンも多いこのモデル。
今回は、使いやすさや特徴にフォーカスを絞ってインプレしていきます。

そもそもベイトリールとは?

ベイトリールとは、正式にはベイトキャスティングリールといい、ロッド(竿)の上部に取り付けるリールのことです。
一般に広く釣りで使われるリールには、他にロッドに対し下向きに取り付けるスピニングリールがあります。
まずはこちらで両者の簡単な比較を行ってみましょう。

スピニングリールの特徴
・ロッドの下に取り付ける
・初心者でも簡単に扱える
・向かい風でも投げられるなど、天候に左右されない
・軽いルアーを扱う時や、ウキ釣りに最適
・海岸などからの遠投にもうってつけ
ただし
・重いルアーは扱いづらい
・ラインを巻く際の手の動きは上下の回転→ラインが巻かれるのは左右の回転のためラインにヨレがでてしまい、またパワーロスも起こす
・上記の通り2種類の回転機構を持つ複雑なため故障しやすい
といった問題があります。

ベイトリールの特徴
・ロッドの上に取り付ける
・重いルアーや太いラインでも扱いやすい
・手の動きはそのままラインを巻き取る動きに直結するため、力がそのまま伝わるし構造がシンプル
・頑丈
と上記のデメリットを克服し、さらに
・ラインを出す巻くの作業を片手で完結できる
・狙ったところにルアーを投げることが可能
・アタリが分かりやすい
といった特徴があります。

ベイトリール使用時の注意点

そんな、使いやすさが魅力のベイトリールですが、ネガティブな点ももちろんあります。
よく言われるのは、バックラッシュしてしまうこと。

これはラインの放出スピードと、ルアー内部のスプールの回転速度のミスマッチで起こります。
着水前のタイミングからサミング(親指でラインの流れをコントロール)を適宜行うなど、慣れが必要な面があります。

また、バックラッシュを防ぐためには、オーバーヘッドキャストやサイドキャストで投げる際、リールの向きにも注意が必要です。

タトゥーラ SV TWの特徴

  • タトゥーラSVTW 正面

タトゥーラSV TWは、ベイトリールの弱点であるバックラッシュの低減と、より繊細なコントロール・対応フィールド拡大のため剛性の強化に力を入れて開発されました。

実際に使ってみると、小さなギアにもかかわらず場所にこだわらずに使えるのは嬉しいです。
釣行の荷物が減ります。

エアブレーキシステム

新しく開発されたSVスプールに合わせた軽量なマグネットブレーキシステムです。
ここでいうSVとは「ストレスフリーバーサタイル」の意味。
スプールが軽いので、軽く投げても飛んでくれます。
またインダクトローターが早めに作動することで、ラインの放出にブレーキが掛かり、バックラッシュしづらくなります。

φ32mmの超々ジュラルミン製 SVスプール

しっかりした金属素材を使用することで、剛性と耐久性をあげてきました。
がっしりした機構でメンテナンスにかける時間も削減できます。
キビキビした動きで、軽いルアーの動きもダイレクトに指先に到達します。

またソルトウォーターにも対応。ベイトフィッシングのシーンが広がります。

SV-CONCEPT[SVコンセプト]

前述の通り、ダイワがこだわりのコンセプトである「ストレスフリーバーサタイル」。
タトゥーラ SV TWは2gのスモラバ使用から、重量級ルアー・太いラインを合わせた使い方までしっかり対応します。
まさに、どんなシチュエーションでもベイトタックルを可能にするリールなのです。

おすすめシチュエーション

タトゥーラSVTW ロッド装着

では実際に使ってみて、タトゥーラ SV TWを使いたくなるおすすめのシチュエーションをご紹介しましょう。使用モデルはギア比7.1の103SHです。

向かい風が気になるとき

やはり、これです。バックラッシュしづらいという利点が最大限発揮できます。
今までのベイトリールだと難しかった向かい風などのシチュエーションでも、困難なくルアーフィッシングを楽しむことができます。
天候に左右されないアイテムですね。

これはすでに長い間ベイトリールを使っている方でも、さっと投げられるのでメリットは十分感じられるはずです。

ライトに魚を狙いたいとき

川沿いを歩きながらのバスフィッシングでも、軽く狙えるのは嬉しいです。
手元の操作も小気味よくできるので、獲物に集中できます。
小さな河川、沼など、狙いを細かく定めたい時におすすめです。
投げてもきちんと飛んでくれます。

バーサタイル

個人的に気に入っているのが、ソルトにも対応できるところ。
防波堤周りでキスやメバルなどを狙っていても楽しいです。
よくミノーを投げますが、魚の引きをダイレクトに感じられるのは、やはりベイトリールの楽しいところです。

タトゥーラ SV TWのラインナップ

引用:DAIWA公式 タトゥーラSVTW紹介ページ

タトゥーラ SV TWは6種類のラインナップ。
ギア比が6.3, 7.1, 8.1の3つにそれぞれ右ハンドル左ハンドルを揃えています。
重さや最大ドラグ力に関しては差はありません。人気はギア比の高いものです。

タトゥーラSVTWのインプレのまとめ

今回はダイワ製「タトゥーラSV TW」をご紹介しました。
小さなギアにも関わらず、シーンやアイテムを選ばない操作性は、多くの方に受け入れられるのではないでしょうか。

バックラッシュしづらい点を見ればベイトリール初心者にも使いやすいアイテムと言えます。

ベイトリールの可能性を拡げる「タトゥーラSV TW」、ぜひ、使ってみてください!

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥18,000 (2021/06/14 23:05:56時点 Amazon調べ-詳細)

初心者の方におすすめ!スモールマウスバスを釣るために必要な事はこちらからどうぞ
釣行前の準備が超肝心!?初心者がスモールマウスバスを釣るためにするべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です