水中撮影もできる!GoProを釣りで使う場合のマウント方法は?

みなさん、こんにちは。
そろそろバス釣りもオフシーズンに入り、「何をしようかな」と考え始める方もい多いのではないでしょうか?

実は冬こそ、釣りには大事なシーズンです。
道具のメンテナンスはしておきたいですし、気になる商品の入手を考えてもいいでしょう。
ただ、オフシーズンにこそ挑戦したいものもあります。
それは、フィッシング以外の今まで手を出してなかった分野を見てみること!
今回はアクションカムに注目していきます。

バス釣りおすすめワームはこちらから

ファイトシーンを動画に収めたい!

アングラーなら、プロの解説動画やファイトシーンのムービーを1度はチェックしたことがあるのではないでしょうか?
ひょっとしたら自分でも撮影してみたいと思ったこともあるかもしれません。
であれば、ぜひ撮影してみましょう!

今回はアクションカメラのGoProをご紹介します。
持ち運びに便利な小型のカメラですが、高画質な動画を撮れるとても優秀な相棒です。
撮り方を工夫すれば、アマチュアでも迫力ある動画を撮影することが可能です。
さっそく見ていきましょう。

GoProの紹介

GoProは手のひらサイズのビデオカメラ「アクションカム」を初めて世に出した先駆者的なメーカーです。
初代モデルは2004年に発売。
年を追うごとにモデルは進化を続けていて、最新モデルでは5K動画対応で映画並みの高画質での撮影も可能です。
スマホよりも小型でボタン一つで気軽に撮れるとあって、とても便利なGoPro。
フィッシングシーンでも高画質を利用して驚きの動画を取ることができます。

現在入手可能なアイテムの中から、2つのモデルをご紹介しましょう。

GoProHERO9

最新モデルは「HERO9
バックサイドのみならずフロントサイドにも画面がある画期的なモデルです。
5K動画対応。静止画は20メガピクセル。10mまでの防水。音声操作対応。タッチスクリーン対応。
市場価格は6万円前後です。

GoProHERO8

HERO8」はバックサイドにのみ画面があります。
4K動画対応。静止画は12メガピクセル。タッチスクリーン対応。
HERO9に比べると少しスペックが落ちるので価格もお安めです。
市場価格は4万円から55000円です。


アクションカムデビューしたいという方は少し安いこちらのモデルを選んでもスペック的には全く問題ないと思います。
筆者はさらに前のモデル、GoProHERO7を使用していますが特に問題はありません。

GoProHERO7

注意:電池の持ちはよくない

GoProは便利なカメラですが、本体をコンパクトにまとめているため充電池も小さいです。
ケーブル充電だけでなく出先での交換にも対応しているので、ぜひスペアの充電池は確保しておきましょう。

体感ですが、私は普段フルHDで動画を撮影しますが、バッテリー1つで約45分程度持ちます。
(4Kで撮影する場合さらに短くなります。)

どうやって撮る?

さてフィッシングシーンでの撮影の仕方です。
小型が持ち味のGoProですが都度持っての撮影は片手がふさがってしまうのでおすすめしません。
ここはコンパクトさを活かして体に装着してしまいましょう。

【GoProのマウント方法】チェストマウント

釣りの撮影ならチェストマウントがおすすめです。
これはリュックサックを前に抱えるようなスタイルで、GoProを胸の前に装着するものです。
目線より下になりますが、ロッドに近くなりよりアクティブな動画を撮影することが可能です。

【GoProのマウント方法】頭部に装着する

ヘッドマウントを用いて頭の上もしくはおでこの前に取り付けてみましょう。
これで自分の視線に近い環境で撮影することができます。
ヘルメットに貼り付けてそれをかぶって撮影してもいいでしょう。

【GoProのマウント方法】ロッドに装着

自転車のバーハンドルに装着するキットを使えばロッドに直接取り付けることもできます。
普段は見ない視点からの撮影になるので、意外と面白い動画を撮影できます。

【GoProのマウント方法】番外編:水中に沈める

少しイレギュラーな使い方ですが、防水ハウジングを利用して水中に沈める使い方もあります。
これだとファイトシーンというよりも魚の回遊シーンをカメラに納める形になります。
小型のカメラであれば周囲の環境に溶け込み、魚たちのリアルな生態を見せてくれます。
くれぐれも根がかりしそうなゴツゴツしたところに投げ込んではいけません。
フラットな湖面で試してみましょう。カメラのロストは洒落になりませんので。

GoPro動画を編集するなら純正のQuik

Quikとは、GoProが展開しているオフィシャルの動画編集アプリのことです。
簡単な操作で十分実用的な動画に仕上がり、世界中のGoProユーザーに人気のツールです。

アプリをダウンロード

Quikはスマホで操作するアプリです。
まずはお手持ちのスマホでアプリをダウンロードしましょう。
iPhoneであればAppStore、AndroidであればGoogle Playで「Quik」と検索すればすぐに出てきます。

無料アプリなのでまずはこちらを使用してみて不満があれば別の物を使用すればいいと思います。

Quik - GoProビデオエディタ
Quik – GoProビデオエディタ
開発元:GoPro, Inc.
無料
posted withアプリーチ

Quikでできること

「複数動画の合成」「トリム(尺の調整)」「動画のスピードコントロール(スローモーションにも対応します)」「動画の回転」「トリミング(ズームして特定のシーンを拡大可能)」「動画の分割と他動画の挿入」などに対応しています。

それぞれの操作性は基本的なタップのみであとはアプリ側で滑らかにつながるよう自動で調整してくれます。
直感的に利用できる点が嬉しいですね。
完成して保存した後は、YouTubeやInstagrammにアップしてみましょう。

まとめ

今回はGoProの紹介と、スマホでできる動画編集について解説しました。
オフシーズンの間は次のシーズンに向けての準備期間です。


来シーズンに向けてのトレーニングも大事ですが、それ以外の趣味やアクティビティの分野でもできることを増やしてみてはいかがでしょうか?
動画編集と公開は今ネット界で最もホットな部分。
乗り遅れる手はないですよ!ぜひリアルなファイトシーンをカメラに収めてあなたの釣果を世界に向けて発信してみましょう。

来シーズンに向けてのルアーの準備はこちらが参考になります。
スモールマウスを釣るワーム10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です