春のスモールマウスバスを釣るには?リンキンスイマーがおすすめ!!

冬の間は釣りをしないというあなたもそろそろ釣りに出かけられる時期になってきました。

春のスモールマウスバスを釣るために

どんなルアーを用意すれば良いか迷ってしまいませんか?

そんなあなたにぜひ試していただきたいルアーが、

「リンキンスイマー」です。

スペックや使い方を詳しく紹介していきたいと思います。

リンキンスイマーのスペック

発売日 2019年3月

フックサイズ ジグヘッド#3 オフセットフック#1

大きさ 3インチ 

色数 15色

入数 9個

リンキンスイマーの特徴

クリアウォーターフィールドでの表層から水面直下に特化したシャッドテールワームです。

あえて、テールを小さめに設計することで、ボディのロールを際立たせます。

アピールしすぎない動きがなかなか口を使いずらいスモールマウスバスも効果てきめん!

背中部分にはスリットが入っており、ジグヘッドの針を抜く際の目印にしたり、オフセットフック使用時には、フックの先端を隠しやすいようになっています。

リンキンスイマーに適したリグや使い方

リンキンスイマー リグ

基本的には、ジグヘッドリグかオフセットフックを用いたノーシンカーの2択でしょう。

メインの使用方法は両方とも、タダ巻きです。

コツは、バスのチェイスが見えても巻くスピードを変えたり、トゥイッチを入れずとにかく一定のスピードで巻く事です。

リグの使い分けとしては、狙うレンジによって変えていくといいです。

私の場合は、まずはノーシンカーで表層に反応があるかチェックして反応がないようなら、ジグヘッドリグに変更し、水面直下~中層を狙うようにしています。

早春の野尻湖では、定番のルアー!という方も多く野尻湖だけでなくスモールマウスバスフィールドでは心強い味方になってくれるのではないでしょうか?

リンキンスイマーにおすすめのタックル

続いてはリンキンスイマーに適したタックルセッティングを紹介したいと思います。

専用タックルを用意しなくてもよい汎用性の高さもこのワームの良いところだと感じています。

ロッド

極端に重いジグヘッドを使用しない限りXUL~Lくらいまで幅広いロッドが使用できます。

ノーシンカーならXUL~UL、ジグヘッドならUL~Lを選択すれば間違いないです。

created by Rinker
レジットデザイン(LEGIT DESIGN)
¥30,208 (2021/07/30 16:28:53時点 Amazon調べ-詳細)

リール

手持ちのスピニングリールを使用すれば問題なし。

巻きの釣りなので、リトリーブの一定さを求めるのであれば、ノーマルギアの物が最適です。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥23,890 (2021/07/30 16:28:55時点 Amazon調べ-詳細)

ライン

他に使用するリグとの兼ね合いを見て、フロロかPE+リーダーを選択しましょう。

表層から、水面直下で使用することが多いのでPE+リーダーのセッティングがおすすめ!

飛距離もフロロカーボンの通しより稼げるので誘える時間が必然的に長くなります。

PE0.4~0.6号+4~6lbリーダーの組み合わせが個人的にはベストマッチ!!

風が強い場合などフロロの通しの方が釣りがしやすい場面もあるので釣り場の状況を見て判断できるといいと思います。

まとめ

今回はティムコから発売されている、リンキンスイマーについて紹介しました。

スモールマウスバスをメインに狙っている方には必須級のワームです。

もちろんラージも釣れますよ!

使用方法も、巻くだけと簡単なので初心者の方でも扱いやすいです。

気になったあなたは早速手に入れて試してみてください。

その他のおすすめワームはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です