冬のバス釣りは無謀じゃない!狙うポイントやバスの状態を知り釣果を上げよう

みなさんこんにちは
気温が下がり人間もバスも活性が下がるのが冬です。

冬はオフシーズン!という方も少なくないと思います。
場所によっては池が凍っていたり、なんてこともあるでしょう。

しかし、ルアーやポイント選びのポイントをおさえることで、冬こそ1発大きなブラックバスを釣るのに適した季節であり、冬に釣ることが出来る人が本当の上級者と言えるでしょう。

今回は冬にビックバスを釣るためのポイントを紹介していきたいと思います。

釣れた時の状況を見直すとその日の釣りを整理しやすいです。

冬のバス釣りを攻略

冬にバス釣りをしていく上で、まずは冬のブラックバスがどのような状態なのかを知ることが重要になってきます。
このような特徴を理解しルアーやポイントを選ぶことで効率よくブラックバスを狙っていくことが出来ると思います。

他の季節に実績のあるルアーを使用してもポイントをおさえていないとなかなか釣果に結び付かないと思います。

冬のバスの状態

前提として冬のバスは活性が低いことを頭に入れておいてください。

しかし、全く動かない訳ではありません。捕食する時間帯も必ず存在します。

変温動物であるブラックバスは水温=体温なので冬の間は少しでも水温の高い所を見つけそこにとどまるような動きを見せます。

体温が下がることで新陳代謝が低下し、動くことが少なくなるため、必要とするカロリーが少なくなります。それに伴って捕食する量も少なくなります。
ちなみに、捕食行動を取るのは、1〜2週間に1回程度と非常に少ないと言われています。

また、冬のブラックバスは比較的コンディションが良いことが多いです。
捕食は少なくなるが消費カロリーも極端に少なくなるためです。
逆に、夏場は捕食行動が多くても、活動量が多いので消費するカロリーも多くなります。
ガリガリに痩せたブラックバスが釣れた経験がある方も多いのではないでしょうか?

冬のバスも食べなければ生きていけない

冬のブラックバスの状態をなんとなく理解していただけたでしょうか?
そんな冬のバスですが、捕食のタイミングでは暖かい時と変わらずしっかりと口を使います。

しかし、そういったタイミングにあたる可能性は極端に低いので、

  • 目立つカラー+素早い動きで、リアクション狙いの釣りを展開していく。
  • 普段使うワームよりさらに小さいものを使用しネチネチと攻める。

この2パターンが基本となります。

おすすめのワームはこちらからどうぞ
スモールマウスバスを釣るワーム10選!

しかし、釣りには絶対は存在しないと考えます。
この2パターンが基本となりますが、自分の好きな釣り方や、ルアー、その場に合わせた方法を探すことで釣果を上げられると思います。

特に冬は上級者の方でもバスが釣れないことの方が多い季節です。
固定概念にとらわれず色々な釣りを試してみるとよいでしょう。

冬の屋外は防寒対策を忘れずに!!

ノースフェイス マウンテンダウンジャケット

冬の釣りは普段の外出とは違いかなり寒いです。
軽装で出かけてしまうと寒すぎて釣りにならない!という事があります。

なので、冬の防寒対策はこんなに着ないとダメ?くらいがちょうど良いことが多いです。
もし暑すぎるようなら脱いで調節すればいいので

また冬は急な雨や雪に見舞われることが多いのでレインコートやマウンテンパーカーなどを車内に常備しておくといいでしょう。

低水温期のバスのポイントは限られる?(水温10度以下)

先ほど書きましたが、冬は変温動物であるブラックバスは、水温の低下と共に活動量も少なくなります。

ブラックバスの適水温は20度前後と言われています。
人間は恒温動物ですが冬や夏は行動するのが億劫になりますよね。(笑)

活動量が極端に落ちる基準としては、水温10度以下が目安。
細かくみると、15度〜活性が徐々に低下して、7度を下回ると完全に冬の水温になります。

あわせて北風が当たるポイントはさらに水温が低下しやすいです。
夏の間は水のまわりがよく1級ポイントになりやすいですが冬は避けた方が良いかもしれません。

ここで覚えておきたい事は、急激な水温変化が良くないということです。
水温が一桁でも安定して長く続くとバスも慣れて来るため、意外と活性が上がる事もあります。

特に冬のバス釣りにおいては水温計で水温を把握することで有利になることが多いです。

created by Rinker
スミス(Smith)
¥1,527 (2021/06/14 22:52:42時点 Amazon調べ-詳細)

冬はある意味「夏」のバスの居場所に似ていると言われることがあります。

夏のバス釣りでは、高水温になり、涼しさを求めてインレット(流れ込み)やシェード(影)にブラックバスが集まります。
特定のポイントに集まることが多い魚という事がわかります。

冬の場合も同様に、特定のポイントに集まる傾向があります。

では、どんなポイントに集まるのか?について紹介していきます。

ボトム(水底)

定番なのがボトム(水底)です。
冬の朝は放射冷却により、水面は一気に水温が低下します。日中晴れて気温が上がれば、水温は上昇します。
このことから水面は過度な水温変化が生まれることになります。
先ほど書いたようにブラックバスは急な水温変化を嫌がります。

逆にボトムは放射冷却や気温の影響を受けにくく水温が安定しています。
シャロー側は水量が少なく気温の影響を受けやすいので、できるだけフィールドの最深部を狙うようにすると安定した水温の場所を狙い撃ちできます。

湧き水・温排水

山奥の野池やリザーバー(ダム)では、水底から湧水が湧いている場所が稀にあります。
こういった湧水を見つけることは至難の業ですがもし見つけることができれば1級ポイントだと言えるでしょう。
基本的に、湧き水は水温が高く栄養価も高いので、ブラックバスや餌となるベイトが集まりやすいです。

同条件で、河川などでたまに見受けられる温排水がおすすめ。
通常インレット(流れ込み)は冷たい水が流れていることが多いですが、工場や家庭からの生活排水は水温が高いことが多いです。無条件に一級スポットとなります。

ウィードエリア(藻)

冬になると、ウィードは枯れてしまいますが様々な自然の条件が重なることで一部ウィードが残っているポイントを見つけることが出来るかことがあります。
ウィードエリアは比較的、水温も安定しており、ベイトが隠れていることも多いポイントです。

11月など、晩秋であれば枯れる前、または枯れ初めのウィードを中心の狙うのがおすすめ。
ベイトリールを使いカバー撃ちのような感覚で狙っていくといいでしょう。

【狙うポイントやバスの状態】まとめ

いかがでしたか?
今回は冬のバス釣り攻略の最も基本的な部分の狙うポイント、バスの状態に焦点を当てて紹介しています。

まずはバスの状態を知り、そのうえで釣り方やポイントを考えていくということが重要です。
シビアな面が多い冬のバス釣りですが大きな個体が釣れやすいのも冬のバス釣りの特徴だと思うので1発デカバスを狙って釣りに出かけてみるのもいいのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です