川スモールマウス特有の釣り方ドリフトとは?スピニングリールの場合のライン選択

Maruo

スモールマウスバスは、湖や野池だけでなく川にも生息しているんだよ!

Reika

へ~!知らなかった!釣り方は違うのかな?

Maruo

鋭いね!川スモール特有の狙い方もあるから紹介するね。

スモールマウスが生息するのはなにも野池や湖だけではありません。

多摩川や荒川(東京都)更には千曲川(長野県)など、主に関東の河川にはスモールマウスが生息しています。

そんな川スモールには野池や湖とは違った特有の狙い方があります。

今回は

  • 川スモール用のラインの選択
  • 「ドリフト」

について触れていきたいと思います。

川スモールマウス特有の狙い方とは?

ライン選択

スピニングタックルで川スモールを狙う場合に1番大切なのは

ラインの選択です。

テトラポットなどの人工の障害物や流れのある所を狙っていくのが基本となるので、野池や湖と同じようなライン選択をしてしまうと、ラインブレイクが多発してしまいます。

川で育ったスモールマウスは野池や湖のスモールマウスに比べパワーがありよく走ります。

そんな川スモールマウスのトルクに負けないようなやり取りが必要になるのである程度強いラインを使う必要があります。

スモールマウスバスは繊細な釣りが必要になりますが、野池や湖などの水が止まっている場所に比べれば川のスモールマウスはそこまで繊細さを必要としないと思っているのでラインを少し太いものに変えてもそこまで釣果に変わりはないです。

実体験から感じる川スモールマウスに最適なラインの強さとは

私の場合、メインフィールドである野尻湖では2lbのフロロカーボンラインをメインで使用しています。

ある程度水深もあるため太いラインを使用するとボトムを取るのが難しくなるためです。

細すぎない?

と感じる方もいるかもしれませんがこのラインで40upなどのスモールマウスも問題なく釣りあげることが出来ています。

ラインチェックやリグの結び直しなどはこまめに行う必要があります。

それでは次に川スモールマウスを狙う場合の私のラインセレクトです。

結果としては4〜6lbを場所によって使い分けています。

障害物が多い場所や流れが強くなるにつれ太いラインを使用します。

これ以上太いラインをスピニングリールで使用するとライントラブルが増えてくるのであまりおすすめしません。

4lbほどの太さがあればよっぽどのことがない限りスモールマウスバスの力でラインを切られてしまうということはないと思います。

中間である5lbラインからスタートしてみるといいと思います。

おすすめのラインはこちら

created by Rinker
クレハ(KUREHA)
¥870 (2021/09/23 07:27:14時点 Amazon調べ-詳細)

良コスパラインの大定番!これを使えば間違いないです。

特別な釣行の時はコレ!フロロマイスターの上位版です。

ラインを太くすることのメリットとデメリット

ただ太いラインを使えばいいというわけではなくデメリットも存在します。

続いてはラインのメリット、デメリットを紹介していきます。

太いラインのメリット

これに関しては1点です。

ラインブレイクしにくくなるという点です。

メリットは1点ですが、このメリットはとても大きいです。

糸が切れてしまうとリグを作り直すことになりますが、時間が無駄になります。

川にルアーやラインを残してしまうことになるので環境の面でも良くないです。

これが減るということは、釣りに費やせる時間が増えることになり釣果にも結びつきやすいと思います。

太いラインのデメリット

ボトムを取りにくくなる

ラインが太くなることで抵抗が大きくなり、ラインが沈みにくくなります。

オカッパリなどで浅い場所を狙っていく場合そこまで影響はでませんが、ボートで深場を狙っていく場合ボトムを取る難易度がグッと上昇します。

見切られやすくなる(可能性がある)

ラインが太いとやはり視認性が上がりスモールマウスマウスにバレてしまうことがあると思います。

(可能性がある)としたのはこれは私自身の体感でしかないからです。

ラインの太さは釣果にはあまり関係ないという意見もあります。

私個人としては同じコースを通してきた時にあるタックルでは反応がなかったのですが、たまたま持ち込んでいた細いラインのタックルに変えた途端アタリがあったということがあったのでデメリットとしてあげさせていただきました。

ライントラブルが増える

これは、スピニングリールで太いラインを使用すると顕著に現れるデメリットだと思います。

ラインが一気に放出してしまい再起不能。

などがよくあるライントラブルとしてあげられます。

6lb以上のラインを使用する時はベイトリールの出番だと考えています。

近年流行しているベイトフィネスも川スモールには有効です。

以上がデメリットとしてあげられる点になります。

一見デメリットが多すぎると感じるかもしれませんが、これを加味しても川スモール用に最大限太いラインを使うのはかなり有効です。

川スモールマウスに有効なテクニック「ドリフト」とは?

ドリフト

次に、川スモールマウスに有効なドリフトというテクニックを紹介します。

テクニックと言っても初心者の方も実践出来て大物を狙える方法です。

ぜひマスターしていきましょう。

方法は

ワームを流れの中に投げボトムを取りコロコロと転がしてくる

ただそれだけです。

この時重要なのはワームの動きにロッドを追従させるということです。

常にラインが真っ直ぐになっていることが重要です。

ラインとロッドに角度がついてしまうとワームが引っ張られる形になり不自然な動きになってしまいなかなかバイトを得ることができません。

何度もキャストし、いろいろなコースを探ってみてください。

ワームを点ではなく線で使うテクニックで、ある意味反則級のテクニックです。

流れのあるポイントでしか使えない対川スモール用のテクニックなのでぜひ活用してみてください。

ドリフトにおすすめのワームはこちら

スモールマウスバスを狙うなら持っておいて損はないワームです。

ドリフトは大きな川スモールマウス釣れやすい?

このテクニックは大きな川スモールマウスバスを狙いやすいという利点もあります。

それはなぜか?

流れの中にはその中で自由に動き回れる個体しかいないからです。

というのは大きな力のある個体という事になります。

小さな個体は流れのない所や緩い反転流を好み大きなスモールマウスは流れの中のちょっとした淀みで餌を待ち構えていることが多いというのが私の印象です。

もし流れの中でバイトがあった場合には期待していいでしょう。

スモールマウスバスのワーム選びに迷ったらこちらをどうぞ

まとめ

川スモールマウス特有の狙い方について紹介しましたがいかがでしたか?

今回お伝えしたのは

  • ライン選択について
  • 太いラインのメリットとデメリット
  • ドリフトについて

です。

スピニングリールは特性上そこまで太いラインは使用できませんが、自分が行くフィールドの状況に合わせて最大限太いラインを使用することが川スモールを狙う上で大事な点だと思っています。

さらにドリフトというテクニックをマスターしぜひ川スモールの強烈な引きを体験してみてください!

ベイトタックルで川スモールを攻略したい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です