初心者が初めてのブラックバスを釣るために選ぶロッドとは?

みなさんこんにちは
今回は初心者の方にまず用意していただきたいロッドについて書いていきます。

バス釣りのロッドはかなり細分化しているので初心者の方は特に迷うポイントかと思います。
私も始めたときに一番困ったのがロッドの選択でした。

そんな方の助けになれればうれしいです。

初心者が初めてのブラックバスを釣るために選ぶロッドとは?

千曲川 スモールマウスバス

初心者の方におすすめするのはワームを使った釣りです。
サイズを選べないという点がありますが”釣る”という感覚を味わっていただけたらと思います。

なので、まずはライトリグを扱えるスピニング用のロッドを購入することをおすすめします。

ロッドが決まったら次はルアー選び!おすすめの記事はこちらです。

まずはL(ライト)のロッドがおすすめ

まず最初にロッドの種類について紹介したいと思います。

ロッドには硬さ毎にLなどのアルファベットがふられています。
基本的には、
UL、L、ML、M、MH、H、XHというようになっています。
メーカーによって表記は異なりますが、左から順にどんどん固くなっていきます。
※その他特殊な硬さ、XUL(ULより柔らかい)等が存在します。

スピニングの場合はUL~MLくらいから選ぶことになります。

ロッドが固くなるほど重たいルアーを投げられるようになります。
これは、ロッドの曲がりを利用してルアーを投げるためで、柔らかいロッドで重いルアーを投げようとするとロッドが折れる原因になりますし、硬いロッドで軽いルアーを投げると、ロッドがしならず飛距離が出ない原因になります。

初心者の方にはワームを使用していただきたいと思っていますので、比較的柔らかいかつ、ある程度色々なリグ(仕掛け)に対応できるL(ライト)のロッドをおすすめします。
Lという硬さは汎用性のある万能な硬さです。

メーカーごとに硬さや投げられるウエイトは多少変化しますが、Lという規格であればある程度似た感じになりますので、自分の使ってみたいメーカのものを使用すればよいと思います。

その際に最低限抑えていただきたいことは、ロッドの値段です。

バス釣りは世界中の方に人気な釣りですので、ロッドの種類も数えきれないほどあります。
安いものを買おうと思えば5000円くらいから買うことが出来ます。

しかしあまりにも低価格帯のものはおすすめできません。
なぜかというと、やはり作りが荒くトラブルが頻発します。

バス釣りに慣れてくると自分でトラブルを解決する力がついてくるので、あえて安いロッドを使いブラックバスを狙うという釣り方も面白いと思います。
しかし初心者の方はトラブルが起きてしまうと解決するのも一苦労です。
なるべくトラブルの起きないように1万円~くらいのロッドを買うといいと思います。

エントリークラスもクオリティが上がってきているとよく言われますし、確かに私もそう感じますがそれを実感できるのは1万円~のロッドだと思っています。
この価格帯のロッドを最初の1本に選ぶことでストレスなく釣りを楽しむことが出来ると思います。

ワイルドサイド・WSS-ST65Lがおすすめ。

WSS-ST65L

初めから少しいい道具で始めたい!という方には、実際に私が現在でもメインに使用しているロッドをおすすめしたいと思います。
LEGIT DESIGN(レジットデザイン)のWILD SIDE(ワイルドサイド)というロッドです。
その中の、WSS-ST65Lという番手です。

価格帯は約30000円と初心者の方にはなかなか手を出しにくい価格だと思いますが、バス釣りにハマると次々にロッドやリールが欲しくなります。

そんな中で、今持っているロッドのランクアップしたい!と必ずなってくると思います。

そこで最初からこの価格帯のロッドを買ってしまおうという事です。
トータルでは必ず安くなるとお約束します。(笑)

このロッドはミドル価格帯に位置しますが、アマチュアの場合これ以上の1本5万円以上するロッドは必要ないと私は考えています。

もちろんどうしても欲しい1本があるなど特別な理由がある場合は除きます。

どれだけ高級なロッドを使用しても同じ人が使うと釣果はそれほど変わりません。
ブラックバスにはロッドは見えていないですし、このロッド高級だから食いつこう!とはならないという事は簡単に想像できると思います。

高級なロッドになると何が変わってくるかというと、どんどん特化した性能になっていきます。
このルアーで釣りたい!このリグで釣りたい!といったときに高級ロッドの利点が出てきます。
あるリグに特化した高級ロッドには汎用性のあるロッドでは到底かないません。

なのでバスプロになってトーナメントなどでここで釣らなければならない。
経験から言ってこのリグだろう!
このロッドならこのリグの性能を100%発揮できる。
そこまで極めた方のロッドだと私は考えています。

そこでなぜ、レジットデザインのロッドをおすすめするかというと私のメインターゲットであるスモールマウスバスを想定して作られているロッドが多いという事が挙げられます。
(もちろんラージマウスバス狙いでも大丈夫です。)

スモールマウスバスに焦点を当てたロッドは調べてみるとわかりますが本当に少ないです。
そんな中でこのワイルドサイドというロッドは、野尻湖や、桧原湖でテストを重ねられたモデルが数多く存在します。

WSS-ST65Lという番手は実際に私も使用していますが、とにかくライトキャロというリグに特化した性能になっています。
このライトキャロというリグですがブラックバスを釣るポテンシャルがとても高いリグとして知られています。やや張りのあるソリッドティップが搭載されたこのモデルは、おかっぱりの救世主と言えるでしょう。
障害物にスタック(引っかかる)した時に柔らかすぎるロッドだと外すのにとても苦労します。
絶妙に設計されたこのロッドはスタック回避を容易にし、ソリッドティップが搭載されているおかげでボトム感知能力もピカイチです。

ぜひ障害物の多い釣り場で使用していただきたいロッドとなっています。

また、大物がかかった時でものされることなく、粘ってくれます。
使用者が経験の浅い初心者だとしてもきっと大きな助けになってくれるでしょう。

初めてのロッド選びまとめ

今回は、初心者の方に1本目に選んでいただきたいロッドについて解説しました。

まずは、L(ライト)の番手のものをおすすめします。
価格帯は10000円~30000円程度の物ならどのメーカーでも可。

私のおすすめは、レジットデザインワイルドサイド WSS-ST65L

どうせ次の1本が欲しくなるなら最初からいいものを!

以上が今回のまとめになります。
ロッドを買うとなんだか釣りに行きたくなってきませんか?

ロッドを選んだらそれに合ったルアーを選ぼう!こちらの記事が参考になります。
スモールマウスに効くおすすめワーム5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です