【初心者向け】低予算でバス釣りを始めるためのおすすめアイテム

バス釣りを始めてみたいけど、どんな道具を揃えればいいか分からない…
中~上級者の知り合いに相談してみたけれど、値段が高すぎてとても買えそうにない…

そんな初心者の方のために私がおすすめするコスパ最強バス釣りセットを紹介します。
これを見たあなたは、
えっ!?これだけで釣れるの?」「今すぐ買いに行こう!ネットでポチろう!」と思うはず。
さぁ、手ごろな値段で道具を揃えてバス釣りデビューをしてみましょう!

ターゲットがスモールマウスバスならこちらの記事も参考になります。

低予算でバス釣りを始めるために必要なアイテムとは?

ブラックバスは小さな子供から大人まで幅広い年齢層で人気のあるフィッシングです。
その魅力はなんと言っても、身近に池や沼があれば手軽に行くことができブラックバスの引きを楽しめることではないでしょうか?


私も、幼い頃友達同士で自転車を漕ぎながら近所の釣り場へ行ったり、家族と一緒に少し遠めの有名ポットに行ったりと気づけばバス釣りの虜になっていました。
社会人になった今では高価な道具にも手を出していますがその当時、私が使っていた道具に高価なものは一切なく、子供でもお小遣いを少し貯めれば手が届くようなものばかりでした。


バス釣りをするにあたって必要なものは、ロッド、リール、ライン、ワーム、針、シンカーの6種類で十分です。
では1つずつ紹介していきます。

【低予算でバス釣り】ロッド編

まずはロッド(竿)の紹介です。ロッドにもスピニング用とベイト用があるのでここは間違わないようにしましょう。
見分け方は簡単で、ベイト用にはリールをつけるのとは反対側にトリガーという鋭い突起のようなものが付いているので、スピニング用を購入する際はこのトリガーが付いていないものを選びましょう。


次に選ぶポイントですがこちらも2点。硬さと長さです。
硬さにはUL、L、ML、M、MH、H、XHと種類がありULが最も柔らかくXHが最も硬いものです。
その他特殊な硬さのロッドもあります。XUL、XXHなど)

この中で初心者の方にはL、MLのものを推奨します。
長さの目安として昔は自分の身長と同じくらいと言われたりしましたが、近年は技術の進歩により軽くロッドを作れるようになってきているので長めのロッドがトレンドとなっています。

私も170㎝で6.6ft(約2m)のロッドを使用していますが全く問題ありません。6~7ftくらいで大丈夫でしょう。
ちなみに私はメジャークラフト バスパラ BPS-632MLという7000円前後で購入したロッドを今でもたまに使用しています。参考にしてみて下さい。

※2020年10月現在BXS-662MLという番手が最新なようです。

【低予算でバス釣り】リール・ライン編

続いてリールの種類ですが、スピニングリールとベイトリールというものがあり、初心者の方にオススメするのはスピニングリールです。
初心者の方が釣りを挫折してしまう要因の1つにライントラブルがあり、それを防いでくれるのがスピニングリールです。
選び方のポイントは2点。番手とギア比です。
番手とは1000~4000という数字で表記されているのですが、数字が大きくなるほどリールのサイズが大きくなります。
バス釣りでは2000~2500番を推奨します。


ギア比とはハンドルを1周させると何センチ巻き取ってくれますよ~というものです。
初心者の方にはノーマルギアを推奨します。
ギア比も数字で記載されているものが多く5~5.7がノーマルギアとなりますので参考にしてみて下さい。


続いてライン(糸)ですが、最初はライントラブルが少なく安価なナイロンを推奨します。
また、太さについては太ければ耐久性が上がりますが魚にバレやすいという欠点もありますので、その辺りを考慮したうえで4~6lb(ポンド)を推奨します。
ネットで購入してもいいですが、店舗によってはサービスでラインを巻いてくれる所もありますので釣具屋で購入することを検討してもいいと思います。

リールについてはもし他の釣りで使っているものがあるなら試しに使ってみてもいいです。
もし購入するのであればリールは大体6000~7000円のもので十分です。

【低予算でバス釣り】ワーム編

ルアーには様々な種類がありますが、初心者にはまずワームを推奨します。
理由は安価で根掛りも少なく針の付け方次第で何通りもの仕掛けができるからです。
そのワームの中で鉄板とも呼べるのが4インチグラブというもの。
有名なメーカーでいうとゲーリーヤマモトさんが挙げられますが、ワームの動きにこだわり作っているためか耐久面という点では少し乏しいような気もします。
耐久面とコスパという観点からみると、ダイソーの4本入りワームも負けていませんし普通に釣れちゃいますのでオススメです。
自分のお財布と相談しどのグラブを買うか決めるといいでしょう。

100均グラブ

【低予算でバス釣り】フック・シンカー(オモリ)編

今回はワームを買う前提で話を進めていきます。
フックの選び方のポイントは3点。形状、重さ、サイズです。


まずフックの形状ですがオフセットフックと呼ばれるものをオススメします。
J型フックとは違い、ワームの中に針を隠すことができるため根掛りしにくいのが最大の魅力です。
サイズは#3、#2、#1と数字が小さくなるにつれて大きくなりますが、4インチグラブに使用する場合#1~#2を推奨します。

次にオモリの重さですが、オカッパリの場合2~3.5gのものを選ぶといいでしょう。
シンカーについては釣り方によって選択が変わってきますが、
今回は初心者向けということでどんな釣りでもある程度対応できる丸型を推奨します。
丸形は感度もいいので初心者の方も着底の感覚やバスの引きを楽しめるはずです。
私はフックとシンカーが一緒になっているネイルボムというものをよく使っており安く購入できるのでオススメです!

オフセットジグヘッド

【低予算でバス釣り】まとめ

今回は初心者向けにバス釣りセットを紹介しました。
まとめますと準備するものはリール、ライン、ロッド、ワーム、フック、シンカーの6点
それぞれの選ぶポイントは以下の通りです。
リール:2000~2500番のノーマルギヤ(5~5.7)
ライン:ナイロンの4~6lb
ロッド:硬さL、MLで長さ6~7ft
ワーム:4インチグラブ
フック&シンカー:オフセットフック、2~3.5gでサイズは#1~2


全て揃えても大体15000円前後ということで、新しい趣味として始めるには手ごろな価格かと思います。
今すぐ買いに行ってバス釣りの楽しさを体験してみましょう!

他のワームもみてみたい!という方はこちらも参考になります。
スモールマウスに効くおすすめワーム5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です